院長の言葉

 治療で大切なのは 諦めない事 だと思います。治療をする側・される側にこの共通意識があればどんな症状も改善方向に向かいます。斜角筋症候群(肩から腕にかけての痺れ)、脊柱管症候群(歩くと痛む腰)、など整形外科では手術をすすめられる症状の方々も当院には通っています。なかには病院で 『 何ともない 』 と言われ悩んでいたか方もおられました。一回では治らない症状も、日を重ね数回治療していくと改善されます。痛みで悩む時間があるならまず治療しましょう。そして諦めずにご自身に合った治療院を探してみてください。

 もしご縁がありましたら当院へご相談ください。